WEP004  電子加速器  8月5日 小ホール 13:00 - 15:00
60MeV電子ライナックを用いた光核反応によるRI製造のための照射γ線のプロファイル測定
Profile measurements of γ-ray for radioactive isotope production via photonuclear reaction using a 60MeV electron linac
 
○盒 健,柏木 茂,日出 富士雄,武藤 俊哉,南部 健一,長澤 育郎,東谷 千比呂,小林 恵理子,濱 広幸(東北大学電子光理学研究センター)
○Ken Takahashi, Kashiwagi Shigeru, Fujio Hinode, Toshiya Muto, Kenichi Nanbu, Ikurou Nagasawa, Chihiro Tokoku, Eriko Kobayashi, Hiroyuki Hama (Research Center for Electron Photon Science, Tohoku University)
 
東北大学電子光理学研究センターでは大強度電子ライナックを用いた光核反応によるRI製造を行っている。最大60MeVまで加速した平均電流100μA以上の電子ビームをTi箔から大気に取り出して2mm厚の白金やタングステンに照射し、生成された制動放射γ線による光核反応で放射性同位体を生成する。試料と白金の距離を変えた照射や様々なサイズの試料に対応するためには、照射位置でのγ線プロファイルを目的とする光核反応同位体製造に最適化する必要があり、加速器の運転パラメータや電子ビームプロファイルを測定することが必要不可欠である。現在、OTRを用いたビームサイズ測定やγ線をNi箔に照射して放射化した領域からプロファイルを復元する測定を行っており、これらの進行状況を報告する。