「加速器」
Vol.16, No.2
(2019.7.31発行)

目 次 (PDF)
CONTENTS (PDF)



表紙写真の説明
量子科学技術研究開発機構(QST)六ヶ所核融合研究所では,欧州との共同プロジェクトとして,大強度中性子源を目標として,9 MeV,125 mA の重陽子ビームIFMIF原型加速開発を行っている.現在,RFQ を用いた5 MeVまでの重陽子の加速実験を行っている(上).入射器の重陽子ビームは(中左),RFQ断面は(中)である.2020 年より連続出力実験を計画しており,そのための1 MWビームダンプ(中右)は据付が完了した.RFQ の出力ビームを9 MeV まで加速する超伝導加速器は現在組み立て中で(左下),(右下)は超伝導線形加速器クライオスタットである.
坂本 慶司(QST)
 
目  次
・巻頭言
12 GeV 陽子加速器建設のころ
高野進
85
・解説
技術研修会「シミュレーション技術」 SuperKEKB最終収束用超伝導電磁石システム(QCS)の設計とシミュレーション手法
山岡広
87
気泡関数要素を用いたFEMによる移流現象の数値解析
倉橋貴彦
96
・話題
IFMIF 原型加速器の現状
坂本慶司,杉本昌義,近藤恵太郎,春日井敦
100
J-PARC RCS におけるビーム力学的研究とビーム損失の低減
發知英明,原田寛之,岡部晃大,サハ プラナブ,
菖蒲田義博,田村文彦,吉本政弘
109
・談話室
Synchrotron SOLEIL 長期滞在報告
山本尚人
119
・会議報告
AFAD2019 報告
中西功太,坪山透
124
・追悼文
小山田正幸先生の逝去を悼んで
加藤龍好
126
佐藤勇先生を偲ぶ
福田茂樹
128
掲示板(関連会議情報)・会告・編集後記 130
投稿の手引き 140
入会申込書・賛助会員名簿 142